円安元高らしい

人民元を持っている中国駐在員には朗報です。

人民元と日本円の為替レートですが、20円を超えていますね。
てことは、500元で1万円ですよ。

2015年8月以来の元高らしい。

 

このタイミングで日本に一時帰国して銀聯カードで買い物するとウハウハです。

私は一時帰国したばかりなので、しばらくは日本に帰国できません・・・。

ちなみにですが中国の銀行で日本円に交換すると手数料を結構取られるんですよね。

 

今回は円安がまだ止まらなそうな気がしますので様子見します。

 

招聘状(邀请函PU)が不要になったらしい

2022年6月17日に外国人の中国渡航査証に関する通知がありました。

mp.weixin.qq.com

 

コロナ禍になってから、Zビザを取得するのに地方政府の招聘状(邀请函PU)が必要でしたがこれからは不要になるそうそうな。

但し、短期出張のMビザでは招聘状(邀请函PU)が必要らしいです。

 

新規駐在員の方には朗報ですね。

中国国内の地域によりますが、招聘状って取得にお時間がかかるんですよ。

緊急を要しない場合は招聘状が下りないこともあります。

これが不要になるだけでハードルがグッと下がります。

外国人工作許可通知だけでOKということですね。

 

上海 封鎖解除になったけど

上海の封鎖管理ですが2022年6月1日から全面解除になりました。

徐々に解除なのかなと思っていましたが一気に解除。

72時間以内のPCR陰性証明があれば何処にでも行くことが可能となっているようです。

但し上海市内に限ります。

 

上海の友人に聞いてみると、上海から他省への移動は制限があるそうな。

上海から出るときは最低限こんな条件らしい。

1.48時間以内のPCR陰性証明と24時間以内の抗原検査陰性証明が必要。

2.24時間以内のPCR陰性証明がある場合は、抗原検査陰性証明は不要。

3.上海に戻る場合は、48時間以内のPCR陰性証明が必要。

 

それに加えて各省で対応が異なります。

蘇州では上海から来た人は、7日間の強制隔離+7日間の自宅隔離らしい。

蘇州に自宅が無い場合はどうなるのかは不明。

ホットライン12345に電話して確認が必要です。

 

それを考えると上海に戻っても上海市以外に出ることは隔離を伴うので不便ですね。

部屋がどうなっているのか心配ですが、まだ戻るのはやめておこうと思います。

 

国防動員法って知ってますか?

ここ最近、世界的に不安定になってますよね。

日本に住んでいたらそんなに感じないかもしれませんが海外駐在員は違います。

海外に住んで仕事をするということはその国の法律も少しは理解していなくてはいけません。

 

じゃあ、有事になったらどうなるのか?

中国の法律から考えてみましょう。

 

国防動員法:有事には外国企業の資産(工場・製品・資材など)を接収。

      営業許可証の取り消し。

      銀行口座凍結。

      外国人駐在員の出国停止。

      中国人社員が国防業務に関わっても給与全額支給。

 

もう会社経営どころではないですよね。

その他にもリスクがあります。

 

例えば、有事になったとします。

自分が日本に住んでいたとして近所に中国人が居たらどういう目で見ますか?

中国に住んでいるとその逆のことが起こります。

恐らく自分が有事に加担していなくても普通に生活はできないでしょう。

 

国際的なニュースに耳を傾けて有事になる前に日本へ帰国する判断が必要になります。

それが難しいんですけどね。

有事にならないことを願ってます。

 

上海封鎖中に日本人2名死亡

 

2022年5月17日と23日に上海在住の日本人が死亡していたようです。

プライバシー保護の為、年齢や性別は公表されていません。

ご冥福をお祈り申し上げます。

 

何か持病があって薬が切れたとかで発作がおきたのかな?と想像しますよね。

封鎖管理中は恐らく病院に行くことすらできませんし。

 

私の事なんですが先日、部屋から出られなくなりました。

封鎖管理とかじゃないんですよ。

部屋に閉じ込められたんです。

部屋のドアを閉めて仕事をしてまして、次にドアを開けようとしたら開かないんです。

状況的には窓が無い部屋で、ドアノブは回るんですがドアが開かない。

幸いにもスマホは手元にあり友人に連絡してドアを外から開けてもらいました。

ノブを確認すると外側のノブを回すとラッチが出入りします。

内側のノブを回してもラッチが出入りしません・・・。

こりゃ開かないよね。

友人には爆笑されましたが、私的には全く笑えませんでした。

 

ついつい話が逸れましたね。

何があるか分からないのが中国です。

 

上海の現状

現在の上海の封鎖管理はどうなっているのか?

同じマンションに住んでいる日本人に聞いてみました。

 

現在はマンション小区の外に出ることはできるようです。

ただし外出時間の制限はあります。

 

そんでね。

外に出ても近くのスーパーしか開いてないし、入るにしても入場制限があるので1時間くらい待つそうな。

 

地区ごとに細かく封鎖されていて、自分の住んでいる地域以外に入ろうとすると通行証が必要なそうな。

 

食料は外出できるので今はスーパーで買っているので問題ないらしい。

 

住んでいるマンション小区で一人でも陽性者が出ると、また部屋から出れない状況に戻るらしい。

 

うん、まだまだ不便極まりない状況ですね。

6月1日から緩和する噂があるけど、本当かよ?っていう心境らしいです。

4月5日に終わるって言って始まったのに未だに終わってませんから無理もありません。

上海に戻るのはまだ先になりそうです。

 

ご発注頂いても・・・

上海の封鎖管理はまだ継続中らしい。

テレビ会議して、せっせとお仕事してるんですけどね。

こんなときに限ってお仕事が入ってくる入ってくる。

いやいや、とてもありがたい事なんですけどね。

 

まだ上海の取引先は稼働してないんだよね。

納期未定・・・。

 

まいったなぁ。

早く解除になることを待ち望んでいます。