WechatとALIPAYアプリ

f:id:Laohu:20210330215302j:plain


Wechatというアプリをご存じでしょうか?

簡単に説明すると中国版LINEです。

ちなみにLINEは中国ではネットに繋がりません。

 

中国ではビジネスの連絡もWechatが多用されています。

メールよりもWechatの方が使用頻度が高いです。

チャット機能はもちろん、電話やテレビ電話もWechatを使います。

ExcelファイルやPDFファイルも送信受信出来ます。

銀行口座と紐付けすればQRコードでのキャッシュレス決済も出来ます。

友人同士の送金も可能です。

場所の送信も出来、送信された場所をタップすると地図アプリが立上がりナビ開始なんかも出来ます。

 

Wechat内のミニプログラムで各店舗のポイントカードを登録出来るのでカード要らずですし、携帯代金の確認&支払いも出来ます。

 

Wechatの中に全てのアプリが入っていてWechatの中からアクセスするようなイメージです。

このアプリが無いと中国で生活するには不便な感じになっています。

 

登録の仕方とかはググれば出てくるので省略しますね。

登録後数日経過するとパスポートの画像を要求されるので送付しました。

私の個人情報なんか大した情報でも無いので別に気にしませんけどね。

それよりWechatが使えなくなる方が困ります。

 

 

f:id:Laohu:20210330215646j:plain

 

ALIPAYというアプリも生活必需品です。

Wechatと同様に銀行口座と紐付けして支払いが出来ます。

航空券や高鉄のチケット予約、公共料金の支払い、タクシー配車サービス、映画館の座席予約など何でも出来るアプリです。

 

現在、中国ではコロナ検疫で健康嗎という色が付いたQRコードの提示が求められます。

ALIPAYの中に健康嗎プログラムがあります。

住居小区、地鉄(地下鉄)、お店の入口に検疫官が居てこのQRコードを提示しなければ中に入ることが出来ません。

 

私は、支払い関係にALIPAYを使って連絡関係はWechatを使うようにしています。

そして紐付けする銀行口座は、給料口座以外を使用して何かトラブルがあっても被害が最小になるように気を付けています。

 

支払いは2通り可能です。

1つ目はデビットカードのように支払った瞬間に銀行口座から引き出されて使用する。

2つ目は紐付けした銀行口座からALYPAYに送金してALIPAY内にプールさせ使用する。

 

ALIPAY内にプールしたお金は余額宝を使い利息を得ることが出来ます。

但し、外国人は出来ません。

残念ながら中国人だけです。

中国の富豪さんは大金をALIPAYにプールさせて利息で生活している人もいるそうですよ。